ANAカードは複数持ちができるけど注意が必要

2014y03m19d_214521973ANAカードはVISA / MasterCard / JCB / AMEX / ダイナースと5つの国際ブランドがあります。

さらに一般カード・ワイドカード・ワイドゴールドカード・プラチナカードと4つのグレードがあります。

ANAマイルを貯めるためにANAカードを作る方は
こんなにたくさんの種類の中からANAカードを選ぶのに苦労すると思います。

しかし1枚選ぶ必要はありません。

ANAカードは複数持つことができます。

でも2枚持ちできない場合もあります。

ANAカードを複数持ち(2枚持ち)できる場合とできない場合

ANAカードの複数持ちができるパターン

基本的にANAカードは複数持ちができます。

言い方を変えれば、発行会社の違うANAカードの複数持ちは可能です。

例えばANA VISAカードを発行してその後、ANA JCBカードを発行することは可能です。

ぶっちゃけANA VISA / ANA Master / ANA JCB / ANA AMEX / ANAダイナースと5枚持ちも可能です。
※まぁそんなに持つ人はいないでしょうが。

私がANAマイルを貯め始めたのは2004年からです。

ANAマイルを貯めようと思って最初に作ったクレジットカードは「ANA JCBカード」でした。

その理由はというと、ネットでANA JCBカードを勧めているサイトがあったからという単純なものです。

特にANAカードを比較して決めたわけでなく、
ANA JCBカードを発行して数か月後にANA VISAカードの方がマイルが貯まりやすいことを知りすぐにANA VISAカードを発行しました。

当時はANA JCB、ANA VISAともEdyチャージでポイントが付与されていました。

またANA VISA一般カードのマイル移行手数料はANA JCB一般カードと同額でした。(2,000円/年)

ANA JCBとANA VISAの違いはというと
ANA VISAはマイペイすリボ+WEB明細で年会費の割引があることと、
マイペイすリボの設定をするだけでポイントが2倍貯まっていたのです。

ANA VISA一般カードは100円につき2マイル貯められていたのです。

ANA JCBは年100万円以上利用すれば翌年は100円につき1.5マイル貯まりましたが、
還元率はANA VISAカードにはおよびませんでした。

それを知ってからすぐにANA VISAカードを作りました。

基本的にANAカードは複数持つことが可能です。

そして入会ボーナスマイルもその都度対象になります。

私のANAカードの歴史

私がこれまで作ったANAカード

 ANA JCB一般カード(ソラチカカードに切替て継続中)
 ANA VISA一般カード(継続中)
 ANA eLIOカード(サービス終了につき解約)
 ANAダイナースクラブカード(解約)

ANA eLIOカードは2009年にサービスが終了し、
Sony  eLIOカードに切り替えました。 (解約済)
ANAダイナースクラブカードは初年度年会費無料キャンペーンを実施している時に発行し、1年だけ持ちました。

そして今はANA TO ME CARD PASMO JCB(ソラチカカード)とANA VISA一般カードの2枚持っています。

ANAカードの2枚持ちができないパターン

基本的には複数持ちができるANAカードですが、例外もあります。

それはANA JCBカードの2枚持ちです。

例えばすでにANA JCB一般カードを持っている場合、
ANA JCBワイドゴールドカードやワイドカードなど別のANA JCBカードは持てません。

しかし2015年4月からはソラチカカードに限って2枚持ちが可能になりました。

ソラチカカードとANA JCBワイドゴールドカード・一般カード・ワイドカードなら2枚持ちができます。

カードを申し込むと新しいカード番号になるので
口座引き落としに設定している場合は注意が必要です。

それと切替の場合、ANA JCBの入会キャンペーンは対象外になります。
※入会ボーナスマイルは対象です。

ちなみにですが、ANA VISAは複数持つことができます。

ANA VISA一般カードを持っている人がANA VISA MasterCardを作ることができますし、ANA VISA Suicaカードも作ることができます。

 

ANAカード複数持ちまとめ

イラスト発行会社の違うANAカードは複数持つことができます。

また三井住友のANA VISAカードは複数持ちができます。

ANA JCBカード同士の複数持ちはできませんが、ソラチカカードとAN JCBカードの2枚モチは可能です。

すでにANA JCBカードを持っている人がソラチカカードを申し込むと追加申し込みになります。

そのためANA JCBカードは不要と言う場合、解約手続きが必要になります。


このブログ昨日は17位、読む前の応援クリック 感謝します。   にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ

スポンサードリンク

2件のコメント

  • かずひろと

    まっちゃんさん こんばんは。
    VISAのゴールドカードに切り替えようかと検索していたらここにたどり着きました。
    当たり前の質問かもしれませんがすみません。

    複数持ちが可能とのことですが、複数持っていてもマイルはひとつになるのでしょうか?
    また、キャンペーンのときだけ(一年年会費無料で1000マイル進呈など)に申し込みしてもこの進呈マイルは反映されますか?

    突然の質問すみません。

    • wpmaster

      かずひろとさん こんばんは。
      現在ANA VISAカードをお持ちなんですね?
      例えばANA VISA Suicaカードを持っていて、ANA VISAワイドゴールドカードを持つ場合、
      ワイドゴールドカードの移行手数料は無料ですが、ANA VISA Suicaカードの移行手数料は10マイルコースにすると別途必要です。

      入会ボーナスマイルは2枚目以降の申し込みでも対象になります。

      2枚持ちの場合、カード会員専用サイトにログインするとポイントは合算されて表示されるようですが、
      ポイント移行の際には別々での移行手続きになりますのでご注意くださいね。

コメントを残す