特典航空券が取れない時マイルをスカイコインに交換して旅割で予約がお勧め

tabiwariマイルがたくさんたまっていざ特典航空券を取ろうと思っても、希望の日程で取れない場合もあります。

日程が決まっているならマイルをスカイコインに交換して旅割で予約する方が必要マイル数が少ない場合もあります。

 

ANAスカイコインとは?

ANAホームページで航空券と旅行商品のお支払いに利用できる電子クーポンです。
10ANAスカイコイン=10円単位で利用できます。

マイルをANAスカイコインに交換することもできます。

交換単位は、9,999マイルまでなら1マイル=1スカイコインとして交換できます。
また1万マイル以上ならレートがアップします。2014y07m13d_102209296

ANAカード(一般カード)会員またはAMCモバイルプラス会員なら4万マイル以上からは1.5倍に交換レートが上がってお得です。

旅割75なら特典航空券で予約するよりお得

75日前まで予約可能な旅割75はANAのウェブサイトから最も安く購入できる割引運賃です。

すでに旅行の日程が決まっている方ならマイルを特典航空券に交換するよりも、ANAスカイコインに交換して旅割75で予約する方が必要マイル数が少なく済むこともあります。

例えば、ANAカード(一般カード)会員で4万マイルを6万円分のANAスカイコインに交換したとします。
(1マイルあたり1.5ANAスカイコイン)

旅割75で羽田⇔札幌の往復航空券を予約する場合の最安値は、
羽田⇒札幌で9,790円、札幌⇒羽田で11,690円となっています。
最安値で予約すれば往復で21,480円となります。

旅割75で予約した羽田⇔札幌の航空券21,480円分のANAスカイコインをマイルに換算すると14,320マイルになります。

一方、羽田⇔札幌のレギュラーシーズンの特典航空券の必要マイル数は15,000マイルです。

この場合、特典航空券の必要マイル数よりもANAスカイコインに交換した場合のマイル数の方が少なくなっています。
また旅割75ならマイルも往復で764マイル積算されますし、ANA一般カード会員なら10%増しになりますから合計で840マイル獲得できますね。

羽田⇔札幌以外にも那覇、大阪で比較してみましたが、
やはり旅割75の最安値で予約する方が必要マイル数が少なく済みました。

 路線(往復) 必要マイル数  ANAスカイコインで購入した場合の
必要マイル数 
旅割75の最安値
(往復)
 羽田⇔札幌  15,000マイル 14,320マイル  21,480円
 羽田⇔那覇  18,000マイル 15,986マイル 23,980円
羽田⇔大阪 12,000マイル 10,786マイル 16,180円

旅割75の運賃は期間や搭乗便によって価格設定がバラバラです。

そのため上記のように最安値で予約できないこともあります。

予約する際にはマイルを使った必要マイル数と、旅割75で予約する際の必要マイル数を比較して、旅割75がお得な場合にスカイコインに交換するようにしてください。

マイルから交換したANAスカイコインの有効期限は交換月の12か月目の月末までです。
※2014年7月に交換した場合、2015年7月31日まで。

 

旅割にはデメリットもあり

マイルを使うよりも旅割で予約する方がお得とご紹介してきましたが、旅割にはデメリットもあります。

それは予約購入後の変更ができないことです。

特典航空券なら予約を入れても出発の4日前なら時間と日付の変更は可能です。
なので使い勝手は特典航空券の方がいいのです。

そのため旅割で予約するなら旅行の日程が決定していて、変更する必要がない場合は大変有効です。

フライトマイルも積算されますし、必要マイル数も特典航空券より少なく済むので
早いうちに休暇が取れる方はこの方法を実践されてみてはいかがですか?

⇒⇒ANAマイルの使い方【スカイコインに交換する方法】

 


このブログ昨日は17位、読む前の応援クリック 感謝します。   にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ

スポンサードリンク

コメントを残す